2017年10月

ほうれい線を消すのに手っ取り早い方法があるんですけど

ほうれい線を消すのに手っ取り早い方法があるんですけど

(公開: 2017年10月20日 (金))

マスクでほうれい線を消すことができる、いい季節がやって参りましたね。咳やくしゃみをするときは、手で口を覆うというのがマナーですが、その咳やくしゃみによる分泌物がついた手であちこち触るのは不潔だということで、手の平ではなく、二の腕付近で口元を覆うほうがいいとか。でもそこまでするなら、マスクで覆っていればIt`s okですよね。ただ、人によってマスクの捉え方って違うのが問題なんですよね。接客業の人はマスクをするべきだとか、しないべきだとか、色々言う人がいるんですよね。赤信号は止まるとか、明確なルールがないのが悪いんでしょうけど、そこまで法律で決めるような問題でもないですしね。

 

ほうれい線を消す手っ取り早い方法

 

トイレの蓋は閉めてから出るのがマナーだと思ってる人もいれば、閉まった蓋は不衛生だから触りたくない、閉めないでと思う人もいるわけで。感覚って本当に人それぞれで難しいものです。ただ、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目の若さが全然違うというのは、みんな同じ感覚でなくてもいいんですけどね。菌は目に見えないけど、ほうれい線は目に見えてしまうのが多分悪いんでしょうね。となると、マスクで隠してしまうのが一番手っ取り早い解決法になってしまいますが。


エイジングケア化粧品を大切な人に贈ろう

エイジングケア化粧品を大切な人に贈ろう

(公開: 2017年10月20日 (金))

お誕生日やクリスマス、母の日、最初はいいんですけど、何回も経験してしまうと、何をプレゼントしたらいいか分からなくなりますよね。母の日はカーネーション、と決まっているのでまだ何とかなりますけど、誕生日や記念日はプレゼントも浮かばないし、サプライズの演出もやり尽してしまって非常に困ってしまいます。そんな人も多いのではないでしょうか。個人的には趣味が合わないものは嫌なので、お菓子や花のように残らないものがいいのですが、残しておきたいという気持ちの人もいますしね。花束よりもブリザードフラワーがいいという人もいますしね。趣味が分かっていればいいんですけど、厄介なのが分かっていると思っていて自信満々に全然趣味じゃないものを持ってくる人ですよね。「褒めてほめて」という犬のような目で見られるので、感想を言うのも気を遣いますよね。なぜこちらが気を遣わなければならないのか。

 

エイジングケア化粧品を贈り物として

 

嫌だと思う人もいるかもしれませんが、お祝いを何回も経験しているということは、年齢も重ねているということですので、エイジングケア化粧品を贈るというのはどうでしょうか。日頃使っているものを贈るもよし、持っていないものを贈るもよし、ラッピングしてもらえば立派なプレゼントになります。